リフォームBefore/After

TOKAI

お気に入りの家具を活かした 築7 0年古民家リフォーム

before

Before画像

after

After画像

築70年の風格ある旧家。梁や柱、建具やガラスの入った玄関の引き戸などはそのまま残し、古き良き時代を忍ばせるしつらえを生かしたリフォーム。新しくなった床や壁には、無垢材や塗り壁など自然素材を使用しました。

before

Before画像

after

After画像

お気に入りの家具との相性を重視した木の温もりを感じる空間が生まれました。デザインを重視しつつ、水廻りの使いやすさにも配慮した。耐震補強も含めた全面リフォームによって生まれ変わり、これから家族と共に時を刻んで行きます。

およそ築70年の間取は、風通しが良く、家族の気配を常に感じられる田の字型のレイアウト。「柱や梁の持つ風合いを残したい」というお施主様の意向に沿ったリフォームを提案しました。

日本建築の良さを最大限に活かして、内装は真壁とし、柱・梁のもつあたたかみが感じられる、落着きある空間に仕上げました。その一方で、耐震性にも配慮し、新たに要所に壁をしつらえ、屋根材を瓦から金属屋根に変更する工夫もしました。
住宅の間取りや性能面、安全面の向上はリフォームの魅力のひとつですが、歳月を経ているからこそ醸し出せる風合いや、家と家族が歩んできた歴史を残し、それらを活かしつつ、新たな息吹を吹き込むことができるのも、リフォームの醍醐味です。