コラム

酷暑対策 〜避暑リフォーム〜

鈴木 元一朗(グランドコンパス)
酷暑対策 〜避暑リフォーム〜イメージ画像

 なんとかこの暑い夏を乗り切りたいのですが、夏バテの方もいらっしゃるのではないでしょうか?どのようにして夏を涼しく過ごすかは、古来から日本のテーマです。

 住宅のしつらえでは直射日光を遮るためのすだれや遮光カーテン、遮熱ガラス、グリーンカーテン、オーニングなどの付属物で直射日光を遮る方法、二重窓、や壁内断熱材で外気温を断熱する方法、夏の風物詩である風鈴や打ち水で涼を感じる方法。

 意外に犬走りのコンクリートやバルコニー床材、軒裏の塗装色を照り返しを少ない色にするリフォームはいかがでしょうか。
 軒を長く出して直射日光が入らないようにする。地窓を設置したり、中庭を作って温度差で気流を発生させ風が起きるようにした。自然と仲良しになる考え方が日本建築の技術でした。

 現代では高気密高断熱の考え方になりました。これはエアコンなど空調設備を利用することが前提です。なるべく電力の消費を抑えて温度を保つか、だからこそ高気密高断熱の性能が必要なのです。自然に対抗してでもねじ伏せようというのでしょうか。それでも日差しが入れば温度が上がります、逃げ場を失った閉じ込められた空気は、一気に暖められていくのです。クルマの中と同じです。さらにエアコンで温度を管理するか、いっそ窓を無くしてしまおうか。増々暑くなる夏に、熱中症にならないためにはもっと対策は強化しなくてはいけません。

 さて、高温は解消できても難敵の湿気はどうでしょうか?洗濯機やお風呂場洗面、トイレなど水周りではカビの発生が見られます。これが普段目にしない壁の中や床下、天井裏という場所で大量発生してないと良いのですが。除湿や加湿も電化製品でコントロールが必要となります。快適な空間、清潔な空間を得るためにあくなき戦いが必要なのです。
 また、室内空気が汚染された場合は密閉された空間のため空気の逃げ場所が無い。例えば石油ファンヒーターなどの排気ガス、建材や家具が発生する化学物質、ハウスダスト、焼き肉の煙など。そのため計画換気が必要となったのです。隙間風がないため効率良く換気は出来ますが、これも換気扇という電化製品を利用します。

 水を買うなんて、と信じられなかった時代から、空気を買う時代へ。そのために電気を買わなくてはいけない、大量に必要とされた電気を途切れなく作らなくてはいけない、火力発電所をさらに稼働させれば二酸化炭素をさらに排出する、そして地球温暖化につながります。負のスパイラルですね。

 渡り鳥のようにその時々で暮らしやすい場所に移住することはできません。避暑地の別荘で暮らすもの非現実的です。家全体を高気密高断熱化したら費用もかかります。普段居ることの多いリビングを避暑スペースとして一室リフォームはいかがでしょうか?