コラム

外壁のリフォーム 向上した性能も取り入れたい

株式会社Flap 矢島マコト
外壁のリフォーム 向上した性能も取り入れたいイメージ画像

外壁塗装の種類と時期 理想は10年サイクルだが
 外壁塗装も塗料によって値段と寿命が異なります。値段の安い順に並べますと、アクリル5年、ウレタン7年、フッ素10年、シリコン20年といったところです。この年数は引っ張り気味ですので予算が許せば早めに塗り換えるに越したことはありません。ただ実際に5年ごとに塗りかえている家は見たことは有りません。フッ素や、シリコンで10年から15年ごとが理想的でしょう。 環境によっても劣化の進行は異なるので、チョーキングという手で触れると塗料が付着する現象が現れたら寿命が来ている事間違いなしです。

複数社見積もりは必須! とよく言われますが
 気になる費用ですが、不肖Y塗装に発注していただければ激安で出来ます!見積もりは塗装一式他社の半額、諸経費込の明朗会計!追加費用一切無しです!素人ですが、それでも良ければ。。。  もうお分かりでしょう。しっかりした業者は、こんなアバウトな見積もりは出してきません。壁、軒天、屋根、破風、屋根それぞれいくら、高圧洗浄いくら、施工面積○○㎡、足場・防塵ネット養生○○㎡、シーリング打ち換えいくら、雨どいや壁のひび割れ等、不良箇所があれば修理、取替いくら、などなど。細かく正確に作業と費用を明示した見積書が書ける業者を複数選び、見積を比較しましょう。

塗料の性能向上によりエコリフォームになる
見た目だけの塗装ではないということ
 冒頭で塗料ごとの耐久期間をざっと紹介しましたが、他にも機能性塗料とでもいうべき製品があります。雨で汚れが流れ落ちるセルフクリーニング機能をもった光触媒塗料は、耐久性も高く、塗り替え頻度の低減になり、美観重視の方の好みに合うでしょう。遮熱断熱塗料は、夏場の暑さと冬場の寒さを遮断し、冷暖房費の削減に効果を発揮します。決して安くは無い外壁リフォーム。高機能塗料も有力な選択肢です。

塗った後ではもう遅い 色問題 近隣対策の良し悪しも見極めたい
 このページの写真をご覧ください。上の2枚はイタリアです。海外のセンスを日本の住宅街に持ち込むのは難しいかもしれません。ここでYの実体験をご紹介します。県内某所にある物件のお隣さんですが、先月、外壁塗装されました。完成後、Yをイタリア旅行の気分にさせてくれています。築24年です。更に驚いたのは、塗装工事を行う事は事前に教えていただけませんでした。相当期間、Yの敷地に足場が設置されていて、ものすご~く邪魔でした。 ・・・誰もが認める温厚なYですが、最近気が短くなったような気がします。