コラム

トイレのリフォーム~清潔感と収納力で掃除が楽になる!快適な住まいのポイント~

株式会社Flap 矢島マコト
トイレのリフォーム~清潔感と収納力で掃除が楽になる!快適な住まいのポイント~イメージ画像

日本のトイレは世界最高水準
 インバウンドの増加により公共施設にあるトイレの表示が変わるというニュースが流れました。温水洗浄便座がどこに行ってもあるのは日本だけで、使い方が分からない訪日外国人が多いのです。1982年「おしりだって洗ってほしい」というキャッチコピーで戸川純さんがTVCMに登場した時は多くの日本人が目を奪われました。当時若輩者だった筆者は「どうせ一部の金持ちしか使わないだろ」と捻くれたことを思ったものです。まさか、こんなに普及するとは...既に4個購入してしまったのは私です。よその家の取付までやりました。便利で良いものはあっと言う間に普及しますね。

清潔感が大事!材質の進化で掃除が楽に
 トイレには神様が居てきれいに掃除していると必ず良いことがある。確かに気合を入れてトイレ掃除を終えたときの「やった感」は悪くない感覚です。最近のトイレは陶器からセラミック等へ材質が変わってきており汚れにくくなっています。また、温水洗浄便座の構造もつなぎ目の溝が無くなって掃除がすっきり簡単になっています。思い切って、一体型に変えてみるとトイレの清潔感が格段にアップするでしょう。

狭いトイレがすっきり広々 快適空間に
 掃除用のブラシ、トイレットペーパー、除菌シート、消臭芳香剤など、狭い空間に細かいものを置くとどうしても雑然としがちですが、便器、タンク、収納棚が一体化したトイレが人気です。掃除も楽で、いつも清潔、広々。毎日使い、過ごす空間を快適にしてくれること間違いなしです。

トイレが2か所あると快適
 日本では、2階建ての戸建が多いので、2階にもトイレがあると便利です。特に2世代、3世代の家庭では朝のトイレ渋滞が解消できます。また、生活様式も世代ごとに異なり、年齢と共に朝型になったり、夜型になったりとお互いに気兼ねなく生活出来れば、円満な家庭の雰囲気が保てるのではないでしょうか。
 トイレは、大変重要な場所。リフォームプランの優先順位は高いと思います。