イベント

創作昔人形いろいろ展

創作昔人形いろいろ展イメージ画像

衣替えの時
 昔の人は六月と九月には縮緬(ちりめん)、お召(めし)、紬(つむぎ)などで単(ひとえ)仕立の着物を着ました。七月、八月になると絽(ろ)や紗(しゃ)の単の着物を着ます。撫子や百合の花の絽の着物はお人形さんにぴったりです。季節の変わり目にほっと一息。

開催日
2019年05月23日~2019年05月28日
時間
10:00〜16:30(最終日は15:00終了)
参加費
入館無料
会場
3階/イベントスペース

プロフィール

桑原 順子
●創作人形と人形の着物教室  人形工房「桑」主宰
●骨董人形・アンティークドールの修理・復元承ります。 (090-6464-1107)

ギャラリー

【体験教室】着せ替え出来る「ハイハイ人形袋」

期間中毎日開催

●材料費:4,000円(顔・手足・体)
●講習料:1,500円(約3時間)
●1日5名〈要予約〉

※料金:税込
※人形本体のみの製作です。

※写真はイメージです。

090-6464-1107(桑原まで)